肛門外来

肛門外来について

肛門外来について

肛門外来では、主に痔の診察を行っています。痔は「3人にひとりはかかっている」とされているほどよくある症状です。痔の原因は、便秘や下痢、冷え、肉体疲労、ストレス、飲酒、生理などと考えられており、生活習慣病のひとつとも言われています。

早期発見することによって早期治療が可能です。どうぞお早めにご来院ください。

痔の種類について

痔核(いぼ痔)

内痔核と外痔核があります。

内痔核は痔の約60%を占めています。便秘や排泄時のいきみなどが原因で発生し、出血したりイボのように脱出したりします。出血がひどい場合や脱出を繰り返す場合は手術が必要となります。

外痔核は、便秘のときに突然、豆粒大のしこりが肛門付近にできるものです。血栓によって痛みを伴うことが多く、ときには強い痛みを感じることもあります。多くの場合は保存的に治癒しますが、痛みや症状の強い場合には血栓を除去することもあります。

裂肛(切れ痔)

便がかたい場合、排便時に肛門上皮が切れて裂けることによって発生します。痛みや出血を伴うので、患部の処置と原因となっている便秘を解消します。

肛門周囲膿瘍

急に肛門の周りや奥が腫れて痛く、場合により発熱も伴います。肛門周囲膿瘍は急にひどくなりますが、膿を出すことで症状がおさまっていきます。処置後はしばらく通院が必要となります。

痔瘻(じろう)

下痢や排便時のいきみなどが原因で肛門の周囲の腫れ・痛みに加えて膿や血が継続して出ます。奥の肛門腺より細菌感染が起こりトンネルが出きており、手術が必要です。

当院での痔の治療について

当院での痔の治療について

まずは、痔の種類や痔を引き起こした原因を正確に診断します。そのうえで、投薬(内服薬・外用薬)と生活習慣の改善を行います。 痔は生活習慣に大きく関わっているので、規則正しい排便習慣や排便後のケアなどで、痔の症状の多くを改善することが可能です。ただし、内痔核で出血がひどかったり脱出している場合は、適切な処置や手術が必要です。また痔瘻の場合も手術が必要となります。手術が必要な場合は、肛門専門医のいる病院へ紹介させて頂きます。痔は適切に対処しないと症状が軽減せず手術が必要となることもあります。気になる方は早めに来院して診察を受けましょう。

痔でお悩みの方へ

痔の症状でお悩みの方のなかには、「病院に行くのが恥ずかしい」という方も多いでしょう。

しかし、痔は放置しておくと悪化して、痛みが激しくなったり手術が必要になったりします。悪化する前に早めにみてもらい、手術のリスクをおさえましょう。

当院には、痔でお悩みの患者さんが多く来院されています。ひとりで悩まずに、ぜひ安心してお越しください。

まずはお気軽に
当院へご相談ください

乳腺外来や肛門外来などの「専門外来」を設け
幅広い診療で皆さまの健康を守ります。
対応科目 内科、外科、消化器内科、乳腺外科、肛門外科、
皮膚科、小児科、リハビリテーション科

  • 8:30-12:30(木曜は8:30-12:00)/16:30-19:00 木曜午後・日祝休診 058-392-23138:30-12:30(木曜は8:30-12:00)/16:30-19:00 木曜午後・日祝休診 お電話はこちら
  • 何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ
  • こちらからご予約いただけます 乳腺エコーご予約こちらからご予約いただけます 乳腺エコーご予約
page top