内視鏡検査

オエッとなりにくい経鼻内視鏡検査

オエッとなりにくい経鼻内視鏡検査

内視鏡検査いわゆる「胃カメラ検査」は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎、逆流性食道炎、胃がん、食道がんなど、多くの病気の診断ができる検査です。

これまでは、口から挿入する「経口内視鏡検査」が一般的でした。しかし、挿入する際に舌や喉を刺激して嘔吐反射が起こることがあり、「胃カメラが苦手」という方が多くいらっしゃいました。

当院では鼻から管をとおす「経鼻内視鏡検査」を導入しています。細くて柔らかい管を鼻から入れるので、気持ち悪くなることが少なく、比較的楽に検査することができます。

経鼻内視鏡のメリット

なによりも、今までの胃カメラ検査と比べて、楽にできるというメリットがあります。また、口をふさがないので、検査中でも医師と会話をすることができます。機器の性能が良くなって画質もよりクリアになり、従来のものと比べても遜色ない画像を得ることができます。

最近では、内視鏡検査は慢性胃炎の診断や、ピロリ菌の検査にも使われるようになりました。身体への負担が少ない経鼻内視鏡検査は、気軽に受けられるおすすめの検査です。胃の症状が気になる方は、一度受けてみましょう。

胃カメラ・内視鏡検査を検討されている方へ

胃カメラ・内視鏡検査を検討されている方へ

胃カメラ検査を受けると、胃が痛い原因を特定することができます。また早期発見ができると、それだけ早く治療を行うことができます。もし何かしらの病気だとすれば、普段飲んでいるお薬を飲み続けても効果がないばかりか、悪化してしまうことにもなりかねません。

最近では、ピロリ菌検査でも胃カメラを使用しています。ピロリ菌は早めに除去することによって、潰瘍などの病気を防ぐことができ、胃がんの発生率を減らすこともできます。

少しでも気になる症状があれば、積極的に検査を受けるようにしましょう。

経鼻内視鏡検査を受ける際の注意点

経鼻内視鏡検査は、左右どちらかの鼻に管をとおして行います。どちらの鼻のとおりが良いのかを、事前に教えていただけると助かります。ただし、左右どちらの鼻もせまい人は、経鼻内視鏡検査ができない場合もあります。

管をとおす際、微量の出血を伴うことがあります。粘膜を大きく傷つけることはありませんので、ご安心ください。

経鼻内視鏡検査の流れ

経鼻内視鏡検査の流れ

STEP01

診察・予約

STEP02

来院(朝から絶飲食にて)

STEP03

薬を服用する
検査の前に、泡を取り除くお薬を飲んでいただきます。

STEP04

鼻の処置

STEP05

麻酔薬を導入
むくみをとるお薬や麻酔薬の入ったチューブを鼻に入れます。
人によっては、多少ツンっとした苦みを感じることもありますが、痛みはありません。

STEP06

検査
検査時間はおよそ20分間です。

料金

検査のみ、約3,500円

検査のみ(3割負担の場合) 約3500円
内視鏡下生検した場合(3割負担の場合) +約4000円

まずはお気軽に
当院へご相談ください

乳腺外来や肛門外来などの「専門外来」を設け
幅広い診療で皆さまの健康を守ります。
対応科目 内科、外科、消化器内科、乳腺外科、肛門外科、
皮膚科、小児科、リハビリテーション科

  • 8:30-12:30(木曜は8:30-12:00)/16:30-19:00 木曜午後・日祝休診 058-392-23138:30-12:30(木曜は8:30-12:00)/16:30-19:00 木曜午後・日祝休診 お電話はこちら
  • 何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ
  • こちらからご予約いただけます 乳腺エコーご予約こちらからご予約いただけます 乳腺エコーご予約
page top